ひこばえ薬局のつぶやきブログ

menu

ひこばえ ひとこと

複合スパイス【蘭香】

こんにちは。
スタッフ鈴木です。

今日は蘖薬局でもおいしさを知っている人は知っている【蘭香】のお話です。

日本では料理に使うスパイスの種類がとても少なくスパイスの香りが苦手な方も多いです。
文明開化前の日本では四足の動物を常食することがなく、スパイスやハーブというものはあまり必要のないものでした。
野菜と魚が中心の食事なら、臭み消し・防腐に抗菌なんて「薬味」があればじゅうぶんでしたからね…

他国の文化をうまく受け入れて独自の創意工夫を加えて質を高めることが得意な日本人でも今まで必要のなかったスパイスやハーブの類を食卓に取り入れることはむずかしかったのか、はたまた戦後の急激な欧米化に香辛料の浸透がおいつけなかったのか…
現代でも自宅に並ぶ香辛料は両手で数え切れる程度の家庭がほとんどだと思われます、我が家も含めて!

…それでも進んでしまった食の欧米化、多量に食べるようになった大型四足動物のお肉は私たちの腸には大きな負担をかけます。

「やっぱり日本人のおなかのためにもスパイスが必要なんでないかい???」

そんなこんなで日本の味付けに慣れてしまっている日本人の腸を助けるための複合スパイスが作られました。
それが、【蘭香】です。

正直、最初ににおいをかいで「うわぁ、とってもいい匂い~!」なんて方、あんまりいません。
え?これ、お料理に入れるの?まじですか?って心で思う方もいると思います。

それが…合うんです!
塩と蘭香をまぜまぜしたものを天ぷらにパラリ。
朝のスープにパラリ。
から揚げにパラリ。
野菜炒めにも、生姜焼きにも、ハンバーグの種にも。
ヨーグルトに入れるとおいしいよ~なんて方もいらっしゃいます。

どんな味かわからないからちょっと試してみたいな~という方は店頭で「お試しの蘭香が欲しいよ」とお伝えくださいね。

ちなみに我が家ではクッキーを作るときに生地に入れたりします。
チャイが好きな方は、紅茶やコーヒーに入れても楽しめると思いますよ~。

そうそう、脱線話なのですが…
日本のスパイスといってぱっと浮かぶものといえば、七味唐辛子。
七味唐辛子は漢方薬を参考にして調合されているのだそうですね。
それでも、青のりやゴマも含めて7種類。
蘭香には10種類以上のスパイスが入っています。
漢方の、生薬のことを知り尽くしているからこそできた絶妙な調合です。
ぜひぜひ食卓の仲間に加えてご自身やご家族の腸元気を守ってあげてくださいね。

【うえんだん元気倶楽部】でも扱っています♪
蘭香 0.8g×45パック  2,100円+税
蘭香 0.8g×10パック   650円+税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加